日本にいながら外資系転職

面接の重要点

日本にいながら外資系転職 企業へ転職をしたいのであれば、面接から免れることはできません。
人と話が苦手であっても、必ず経なければならないものです。
これは、日系であっても、外資系であっても、同様です。
しかし、若干異なる面があります。
たとえば、自己アピールについては、日系でも重要ですが、謙虚な面も大事です。
外資系の場合であれば、あまり謙虚になる必要はありません。
むしろ、自分ができることを全面的にアピールする方が、効果的です。
また、日系の場合であれば、お辞儀が挨拶の基本ですが、外資系では握手になります。
しかも、握手する際、しっかり面接官の目を見るようにし、該当の職種に関し、自分がいかに自信を持っているかを表現することです。
堂々とした態度が、相手に好印象を与えます。
もちろん、日系でも大切ですが、より礼儀が重んじられることは、言うまでもないかもしれません。
ただし、外資系の方が自由であるからと言って、私服で面接を受けることは、マナー違反です。
あくまでフォーマルな場であるため、気楽な面がありながらも、最低限のマナーが必要です。
これを鑑みれば、外資系企業でも、当の面接時間に遅れるようなことがあれば、きちんと連絡を入れるべきです。
電車遅延であっても、同様であり、チャンスを見て、携帯電話などで事前連絡をすべきでしょう。
なお、外資系企業では、英語面接となる可能性があります。
面接官にもよりけりですが、日本語を理解していない人であれば、必然的に英語となります。
また、英語圏以外の人で、会社のコミュニケーション言語も英語でなければ、当該外国語となる可能性もあります。
その点を十分弁えておくべきでしょう。

Copyright (C)2022日本にいながら外資系転職.All rights reserved.