日本にいながら外資系転職

レジュメを作成

日本にいながら外資系転職 外資系企業への転職でも、書類審査があります。
始めにどんな人であるのかを文章から読み取り、会いたいと思えば、企業から面接を依頼してきます。
しかし、日系企業では、履歴書と職務経歴書がセットになり、任意で志望動機書を添付しますが、外資系企業では、それらが一つの書類になるようにします。
形式は色々ありますが、一般的には、自分の名前などと最初に記載し、次に職歴を記載します。
その次に学歴となり、資格などのことを続け、最後に趣味や志望動機などを記します。
もっとも、外資系企業の方がスキルを重視する傾向があるため、職歴をきちんと書き込むことが重要です。
どこで何をしたのかを忘れないようにします。
さらに、どのような効果を上げ、会社にどれほど貢献したのかも、大事なアピールポイントです。
簡潔さが大事なことでは、日系用の職務経歴書と同様ですが、日系用よりは、自己アピールを前面に出しても問題はないでしょう。
なお、外資系企業の書類は、レジュメと呼ばれています。
日系企業では、会議用の書類などをレジュメと呼びますが、何らかのまとめ文書を意味し、履歴書などと共通している面があります。
また、外資系企業では、英語でレジュメを作成することがあります。
外資系専門の人材企業を利用すれば、英語の場合もあります。
したがって、英語による文書作成能力があることが望ましいです。
しかし、日系企業に対応している人材紹介企業でも、外資系企業への応募が可能です。
その際、書類は日本語による作成となります。

Copyright (C)2022日本にいながら外資系転職.All rights reserved.